CRIMP


(韓国)

 

 

brandint03

 

Q。ブランドについて、簡単な紹介をお願いします。

A。”クリンプ”は音楽、映画、イラスト、衣服、アクセサリーなど、様々なアートを創作する文化集団です。私たちは”身勝手に”問いう言葉の”格好良さ”のために、常に”身勝手に”物づくりをしています。

 

Q。このブランドが誕生した秘話など、エピソードがあれば教えてください。

A。私は現在、主に音楽を手がけていますが、昔はデザインを専攻していたので、デザインにも興味があります。また、その影響を受けて、服飾や映像など様々な分野に関心を持つようになりました。昔は芸能事務所に所属し、ミュージシャンといて活動していましたが、当時の音楽活動には自由がなく、息苦しさを感じていました。

事務所との契約期間が終了し、やりたい事ができるようになった時は、本当に嬉しかったことを覚えています。漠然と”自分のやりたい事を全部してみよう”という思いからスタートし、同じような気持ちを持つ自由な集団を作ろうという考えから誕生したのが、”クリンプ”です。

 

Q。服のデザインを考える時のアイデアはどこから得ていますか。

A。人生を生きて行く上で、見て、聞いて、感じる。。。すべてのものからヒントをもらいます。これらは服をデザインするときに生かされますが、音楽、映像、イラストなどにも繋がっています。

 

Q。商品撮影時のモデルについて、特別にこだわっていることはありますか。

A。商品のイメージを更に引き立ててくれるかに注目します。見つからない時は、モデルを使わないことも多いです。

 

brandint02

Q。このブランドが支持される理由は何だとお考えですか。

A。他のブランドとは異なる雰囲気を持っているからだと思います。

 

Q。ブランドを一言で表現するなら。

A。身勝手

 

Q。それぞれのブランドにユニークで面白い世界観がありますが、どんな世界観や価値に重点を置いていますか。

A。”身勝手”という言葉の”格好良さ”を大切にしています。韓国の情緒では「勝手に」という言葉には否定的な意味が含まれますが、私たちは身勝手な格好良さから生まれる個性で、多くのことが成し遂げられるということを証明し、人々がこのブランドの服を見て、それぞれの夢のために、自身のスタイルで人生を歩んでいくきっかけになればと願っています。

 

Q。流行に合わせますか。それとも流行ではなく、ブランドだけのカラーにこだわりますか。

A。クリンプのメンバーひとりひとりの、その時のフィーリングに従います。それが流行と同じかもしれませんし、違うかもしれませんが、流行には流されません。

 

Q。日本の消費者におすすめの商品がなんですか。

A。私たちのすべての商品が、日本の消費者の雰囲気とはよく似合うと思います。特にクリンプのメンバーの”考える椅子”という絵には、日本が背景になっている作品もあります。

 

brandint05

 

Q。もしチャンスがあれば、日本に本格的に進出する意向がありますか。

A。チャンスがあれば日本に進出したいと考えていますが、日本に進出するためだけに努力が必要だと言うなら、それは時期尚早だと思います。まだ私自身のためにやりたい事があまりにもたくさんあるからです。

 

CRIMP

Instagram

http://crimp.kr

copyright(c)  CRIMP all rights reserved.

Tags from the story
, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。