iam not a human being


 

アイムノットアヒューマンビーイング

 

Q。ブランドについて、簡単な紹介をお願いします。

A。iam not a human beingはソウルに拠点を置いたストリートブランドです。人間じゃないというスローガンで、古臭いアイデアとデザインから離れて個性を大事にするブランドです。

 

Q。ブランドが誕生した秘話やエピソードがあれば教えてください。

A。単純に私が好きな服を着たいという気持ちで、染料とか他の服を。。。

それがきっかけで私が着たい服を本格的につくってみたい気持ちになって、今の社長さんと出会って、ブランドまで進むことができました。

Q。商品のデザインを考える時のアイデアはどこから得ますか。

A。別にアイデアをどこから得たりするより普通にたくさんの映画をみたり、自分が考えて素敵だと思えることをよくみたり、じっと見つめたりします。

その中から私が改めて新しく解析したりしたらいつの間にか、デザインを描いています。

 

Q。商品撮影時のモデルや撮影場所など、特別にこだわっているものはありますか。

A。個性感が強いモデルが好きですが、ある程度身体条件も大事だと思います。

 

Q。ブランドが人々に支持される理由は何だと思いますか。

A。個性が強いグラフィックとか、パッチワークを使った個性が強いストリートファッションブランドのイメージを気に入ってくださってると思います。

 

Q。ブランドについて一言で表現するなら?

A。same old shit

Q。ブランドごとに独特な面白さや世界観を持っていますが、どんなところを重要だとお考えですか。

A。個性だと思います。独特で変なグラフィックとかパッチワークを使って着ている人が目立っているかも知れないし、個性が強い人だと表現できるもの、同じフォーマットの中にいるとしても、他の人と違わなきゃいけないことに重点を置いています。

 

Q。流行を追う方ですか、それともブランドの価値にこだわる方ですか。

A。消費者が多くなってからは流行りも追わないといけないと思います。

でもその中からブランドだけのカラーを見せるのも大事だと思います。

 

Q。日本の消費者にオススメしたい商品がありますか。

A。17f/w patch workシリーズと18s/s bacchusシリーズをお勧めしたいです。

イメージをクリックすると大きく見えます。

iam not a human being ” patch work ”    クリックして詳しくみる

イメージをクリックすると大きく見えます。

iam not a human being ” Bacchus ”    クリックして詳しくみる

 

Q。もし機会があれば日本に進出する考えはありますか。

A。日本に進出できたら本当に嬉しいです。

日本のサブカルチャー文化とか、ストリートファッションはすごく発達していることも知ってるし、その中からiam not a human being だけの個性があふれている服を見せられたらきっと気に入ってもらえそうです。

 

 

Facebook   Instagram

http://iamnotahumanbeing.com/index.html

COPYRIGHT © 2015 I AM NOT A HUMAN BEING ALL RIGHTS RESERVED.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。