KICKSHAW


キックシャー(韓国)

 

 

 

Q。ブランドについて、簡単な紹介をお願いします。

A。KICKSHAWは2016年のF/Wから新たに立ち上げたユニセックスブランドです。ウィンテージな雰囲気をベースに、現代的でトレンディなファッションを目指しており、服だけにとどまらず、アートや音楽、展示会など様々なことに挑戦し、このブランドだけのイメージを表現しています。

 

Q。このブランドが誕生した秘話など、エピソードがあれば教えてください

A。26歳、大学卒業と同時に会社員になりました。周りの人たちと同じように4年制大学を卒業し、会社に勤めました。それは私だけでなく、ファッションデザイン科の友人たちも一定の給料をもらいながら、朝から晩まで、毎日働くことを選んでいました。しかし、その頃の毎日は、このような会社、あるいはこのような韓国企業に対して不満を持つしかない日々だったのだと思います。

幼い頃からファッションデザイナーという職業に憧れを抱いていました。ファッションが職業あっても、そうでなくても、他のどんなことよりも創意的に、芸術的にデザインをしてみたいという気持ちがありました。しかし会社に勤めながら、このようなデザインに対する気持ちに消え、また何よりも上司たちをみているうちに「あ。。。私も5年後、10年後にあのくらいの役職についているのか。。」と思うと、現実を見るしかありませんでした。

色々な不平不満が積もり積もったある日、私が一番自慢できること、そして他の人よりできるんだと胸を張れることをしよう!そして33歳になった私がやりたいことをやっていよう!と思うようになりました。そうして会社をやめ、このブランドKICKSHAWを立ち上げたというわけです。

ブランド名は本当に悩みました。’ KICKSHAW ‘とつけたのは、本屋で本を見ていた時、フランス語 ‘Je ne sais quoi ‘ という言葉を目にしたところからです。「言葉にならない美しさ」、「知らないうちに惹かれてしまう。」などという意味があるそうです。このフランス語を英語にすると ‘ KICKSHAW ‘となり、「見掛け倒し」という意味になるのです。ふたつの意味があまりにも違うところに、さらに魅力を感じてしまったのかもしれません。こうして ‘KICKSHAW’というブランド名をつけることになりました。

 

 

Q。服のデザインを考えるときのアイデアはどこから得ていますか。

A。アイデアは全ての物からインスピレーションをもらいます。私は展示会に足を運ぶのが本当に好きなのですが、その中でも特に現代アートが好きです。

作品展でヒントを得ることが一番多いと思います。それ以外だと映画や写真、音楽や本など、本当に様々な分野の物からインスピレーションをもらいます。

 

Q。商品撮影時のモデルについて、特別にこだわっていることはありますか。

A。いつの頃からデザイナーズブランドのルックブックや撮影などに、原色(ホワイト、赤、紫、イエロー等。。)に外国人モデルをメインで使っていることが多くなったようなきがします。外国モデルに、綺麗な原色のバック。。ほとんどが決められたかのように同じように撮影されています。勿論、これが一番安定的なパターンだということはわかりますが、ブランドのコンセプトを引き立たせることはできません。ルックブックはブランドのシーズンコンセプトを一番表現するものです。だからこそ、’ KICKSHAW ‘はこのブランドのコンセプトを一番表現できる場所や人物を選び、ルックブックの撮影を行なっています。

今シーズンも同様に ‘ downtown subculture ‘というコンセプトで、ほとんどの場所を日常の中に埋もれているような何気ない所で撮影を行いました。(トイレ、玄関の階段、倉庫など。。)

 

Q。このブランドが支持される理由はなんだとお考えですか。

A。’ KICKSHAW ‘ の服を見た方からは、とても個性的だとよく言われます。今のデザイナーズブランドがコンテンポラリーであり、商業的なことを考えて作られていることは確かです。私はこのような点では他の有名なブランドとの競争には勝てないと考えたので、少し凝ったデザインになり、それがブランドのカラーに生かされているのではあないかと思います。このような点がストリートスタイルや、特にHIPHOPスタイルを好む方々に支持していただいている理由かもしれません。

 

Q。それぞれのブランドにユニークで面白い世界観がありますが、どんな世界観や価値に重点を置いていますか

A。ただ流行を追いかけたり、今流行りだからと真似ばかりするブランドではなく、本当にアイデアからコンセプト、そして出来上がるまでの過程において、堂々と胸を張って送り出せるブランドを作っていきたいと考えています。このブランドの最大の特徴は美術アート、音楽、展示会などとコラボすることで、オリジナルのカラーを打ち出していることです。

 

 

Q。流行に合わせますか、それとも流行ではなく、ブランドだけのカラーにこだわりますか。

A。流行に左右されることは重要ではありません。

皆様が認めてくれるようなブランドの価値があれば、流行りとかは関係なく、多くの人々が支持してくださるだろうと思います。

 

Q。日本の消費者におすすめの商品はなんですか

 

Q。もしチャンスがあれば、日本に本格的に進出する意向がありますか。

A。韓国マーケットに限らず、海外へ進出することは誰もが目標としていることでしょう。

当然、機会があれば進出します!

 

 

KICKSHAW

Instagram

http://www.kickshaw.co.kr

copyright(c) kickshaw all rights reserved.

 

Tags from the story
,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。