PREMAN


プルマン(韓国)

 

osusume1-1

 

Q。PREMANはどんなブランドですか。

A。” Habit of Creating “

3人のディレクターが、日常生活の中でも、ファッションを習慣のようにデザインするために立ち上げたブランドです。

 

Q。このブランドが誕生した秘話など、エピソードがあれば教えてください。

A。ほとんどの若者がそうであるように、私も大学を卒業し、就職するという平凡な生活を送っていました。しかし、幼い頃からの夢だったデザイナーとしての道に進むべく、会社を辞め、同じ志を持つ仲間と立ち上げたのがこのブランドです。

 

Q。服のデザインを考える時のアイデアはどこあら得ていますか。

A。3人のディレクターは展示会など、すべての体験を楽しんで行います。デザインのアイデアは絞り出すのではなく、日常生活を楽しみながら浮かんでくるものだと考えています。

 

Q。商品撮影時のモデルについて、特別にこだわっていることはありますか。

A。モデルは身長ではなく、バランスを重視します。バランスのとれたスタイルであれば大丈夫です。

また、お客様が見た時に親近感を感じられる表情と、ブランドコンセプトをいかに表現できるかも重要なことだと考えています。

 

押すうう

 

Q。このブランドが支持される理由はなんだとお考えですか

A。このブランドはまだ誕生して日は浅いですが、確かなアイデンティティとトレンドに振り回されないデザインが支持される理由だと思います。

 

Q。ブランドを一言で表現するなら?

A。” Habit of Creating “ 3人のディレクターたちは、常に創造する習慣を持っています。それは、単調でありきたりなデザインをなくしていこうという意味でもあります。

 

Q。それぞれのブランドにユニークで面白い世界観がありますが、どんな世界観や価値に重点を置いていますか。

A。ありきたりで個性のないデザインをやめて、差別化を図ろうと考えています。ブランド名であるPREMANはインドネシア語で悪ガキという意味です。文字通り、異端児としてファッション業界に大きな反響を呼び起そうという目標を持っています。

 

Q。流行に合わせますか、それとも流行ではなく、ブランドだけのカラーにこだわりますか。

A。100%流行に合わせないといえば嘘になるでしょう。シーズンごとに消費者が求める傾向があると思います。そのトレンドを参考し、このブランドのアイデンティティと個性をアピールできるようにと努力しています。

 

Q。日本の消費者におすすめの商品はなんですか。

A。DOTE JUMP SUITという商品をおすすめします。日本の消費者のユニークで個性的なファッションをより一層引き立ててくれると思います。素材自体に若干の伸縮性があるので、デザインと着心地の両方を満足させてくれる商品です。

 

おすすめ

 

Q。もしチャンスがあれば、日本に本格的に進出する意向がありますか。

A。もちろんです。ストリートファッションで日本の消費者に認められば、アジアだけでなく、ヨーロッパやアメリカでも勝負できるでしょう。

 

www.premanofficial.com

copyright(c) PREMAN all rights reserved.

Tags from the story
,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。