TENUE


トゥニュ(韓国)

 

 

Q。ブランドについて、簡単な紹介をお願いします。

A。2015年にディレクター、ホ・ジョンイが立ち上げたブランド”TENUE”は、韓国・ソウルを中心に展開しています。シーズン毎にテーマを決め、そのテーマに合うような具体的なイメージを、グラフィックアートやスローガンなどで表現しデザインしています。

また、様々な要素を自分たちのカラーで表現することで、ハイエンドとストリートの融合を目指しています。テーマにこだわらず、シーズンを通して独創的で奇抜な発想で、シャレのきいた表現が特徴のブランドです。

 

Q。このブランドが誕生した秘話など、エピソードがあれば教えてください。

A。実は、このブランド名をつけるのは簡単でした。フランス語で身なりを意味する” TENUE “を服そのものという意味でつけました。女性名詞として使われる単語を、ユニセックスな感性を持って使えば、さらに良いのではないかと考えました。今でも良いブランド名をつけたと思っています。

 

Q。服のデザインを考える時のアイデアはどこから得ていますか。

A。全てのものから得ます。音楽、映画、物事、自然など。。。、この世のすべてのものから特別な感情をもらい、そして素材となるのだと思います。もちろん、2年目の若いブランドですので、まだまだ勉強しなければならないことは、たくさんあります。しかし、日々の生活の中の些細なことも見逃さないようにするば、デザインが浮かんでくるのだと思います。

 

Q。商品撮影時のモデルについて、特別にこだわっていることはありますか。

A。先ずは、このブランドの服がよく似合うこと、これからコーディネートと撮影雰囲気のバランスも大切だと考えています。パーフェクトな外見よりも、自分だけのカラーを持っているかを見ます。自分だけの個性を持っているなら、このブランドの服をより良く見せてくれることでしょう。

 

brandint04

 

Q。このブランドが支持される理由はなんだとお考えですか。

A。現在、日本で韓国ブランドへの関心が高まってきていると聞きました。私も運良く、東京にある2つのセレクトショップに出させていただいており、さらにもう1店舗加わることになりました。このブランドの服は、ありきたりな服というよりは、個性があり、クオリティも高いものに仕上がっています。それを気に入ってくださる方がいらっしゃるのだと思います。今後も学ぶことを怠らず、より良いものを見せていくことが、私の目標です。

 

Q。ブランドを一言で表現するなら。

A。うーん。。。私のアイデンティティと自己を表現するツールではないでしょうか。

 

Q。それぞれのブランドにユニークで面白い世界観がありますが、どんな世界観や価値に重点を置いていますか。

A。私は2つの異質なものが共存することが好きです。例えば、不気味なものと可愛いもの、反対に可愛らしさの中に不気味さがあったりすることです。このような矛盾したものに魅力を感じて、これらをうまく組み合わせて、独特な世界観を表現したいと思っています。言葉遊びもそのひとつだと言えるでしょう。ひとつの言葉にふたつの意味を表現することも好きです。ひとつの典型的な姿を見せるよりも、もっと色々な角度から見て理解するような、そんな世界観を夢見ています。

もちろん、正解はありません。このブランドの服を選んで下さる方々が、答えを出してくださるのだと思います。

 

Q。流行に合わせますか。それとも流行ではなく、ブランドだけのカラーにこだわりますか。

A。時代の流れに逆らうのではなく、その流れの中でブランドの独創的な個性と、ストーリーを活かすことが課題だと考えています。どちらに重点を置くかは、とても難しい問題だと思います。

しかし、目標にしていれば、いつか達成できると信じています。まだ、学ばなければならないことはたくさんありますが、10年後には、「TENUEだ!」と人々が見つけてくれるようなブランドに育てていくことが、私の目標です。

 

BRANDINT02

 

Q。日本の消費者におすすめの商品はなんですか。

A。FUNK LONG SLEEVEという商品です。この商品は、韓国と日本ともに好評で、ゴシック体を使って表現したTシャツです。モナリザが胸に描かれたTシャツで、私もよく着るアイテムのひとつです。

 

Q。もしチャンスがあれば、日本に本格的に進出する意向がありますか。

A。チャンスさえあれば、本格的に進出したいと思っています。幼い頃から日本のファッションに興味があったので、私にとっては憧れの的でした。学生の頃は、日本の個性あふれるファッションが大好きでした。現在は、そんなに大きくない店とは言え、日本の店で商品を置かせてもらっていることが嬉しく、感謝しています。

今後、ブランド ” TENUE “が日本に進出し、韓国ブランドとして認められる日が来ることを、心から願っています。

 

TENUE

Facebook   Instagram

http://www.space-tenue.com/

copyright(c) TENUE all rights reserved.

Tags from the story
, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。