TRIPSHION


トリップション、韓国

 

Q。ブランドについて、簡単な紹介をお願いします。

A。trip+fashionの合成語でサブカルチャーとグラフィック、アートワークが基盤でgeneral linestreet lineの2つを保有したストリートブランドです。様なグラフィックとアートワークがディティールを生かし、日常生活でも自由なライフスタイルをプレゼントします。

最上のクオリティーの製品で消費者たちに恥ずかしくないよう、現在に満足せず常に悩み、努力するブランドです。単純な衣類ではなくトリプションのカラーや文化で人々と共有できるブランドに成長しています。

 

Q。ブランドが誕生した秘話やエピソードがあれば教えてください。

A。私はキャンプが好きで、旅行関連のファッションをつくりたくて、trip+fashionを合成してブランドを立ち上がりました。

々熱気球に乗って全世界を 流行するようなコンセプトでしたが、販売や他社入店で多くの制約により、更にトレンディーな人々が가미された幻覚、麻薬のようなストリートシーンによく登場する素材を旅行に結びつけて、購入者たちに親しみやすくしています。

 

Q。商品のデザインを考える時のアイデアはどこから得ますか。

A。普通は私の頭の中で、毎日毎日スケッチをしています。スケッチ中に使えそうなものを手で描き、良い製品だけ販売します。

 

Q。商品撮影時のモデルや撮影場所など、特別にこだわっているものはありますか。

A。モデルは確実な個性とはっきりとした目鼻立ちが、最も重要になります。何か特別かっこよかったり、特別綺麗な方たちより、ブランドコレクションやシーズンコンセプトに近い方々を選んで進行することになります。

 

Q。ブランドが人々に支持される理由は何だと思いますか。

A。まだ愛まではないと思いますが、国内で存在感を強めて行く過程であるその理由はよくわかりませんね(笑)

強いて言えばキャラクターデザインやグラフィックアートワークが多くはないんじゃないんでしょうか。

 

Q。ブランドについて一言で表現するなら?

A。ストリート系の新星

 

Q。ブランドごとに独特な面白さや世界観を持っていますが、どんなところを重要だとお考えですか。

A。私はキャラクターやグラフィックアートワークを一番重視しています。他のことよりサムネイルに重点を置こうと。販売のためにまず行うべきなのは商品のクリックだと思います。

他のブランドもステキな世界観を持っていますが、私はサムネイルからなんだかカッコいいものを見せようと言う変わった世界観を持ってブランドを披露してるかもしれません。。

 

Q。流行を追う方ですか、それともブランドの価値にこだわる方ですか。

A。流行を作りたいです。いつもブランドコンセプトに合わせたデザインを披露して、このデザインが流行って欲しいと思っています。

 

Q。日本の消費者にオススメしたい商品がありますか。

A。我が会社のサイトにはナイキをパロディーしたフードtシャツがあります。それが結構売れていて、実際に何人かの日本の方が購入したこともあります。

 

 クリックして詳しくみる

Q。もし機会があれば日本に進出する考えはありますか。

A。会があれば日本に進出したいといつも思っています。

国より1年、2年先に流行りが行き交うところも日本だし、私が好きなブランドは大体日本のものでした。

 

Instagram   Facebook

http://www.tripshion.com/

(주)소군컴퍼니 © ALL RIGHTS RESERVED.

Tags from the story
, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。